blog index

カクテルバー Oya Blog

飲んだくれ Oya の酒日記!
<< 幽霊マンションに住んでた!? 〜第2章〜 | main | お酒は過去へのタイムマシン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
栄養失調で失明しそうになった哀れな僕
今どき珍しいのですが、僕は栄養失調になって失明しそうになりました。。

栄養失調っていうと食料の貧しい国とか、家が極貧でご飯がまともに食べれないってイメージだと思いますが、僕の栄養失調は突然襲ってきました。

あれは、高校2年生の夏でした。

当時、僕は高校の野球部に所属しており、毎朝毎晩練習に明け暮れていました。

野球部の練習はとにかく厳しくて休みなどはほとんどありません。

特に日曜日をはじめ学校が休みの日は、朝から晩まで一日中特訓でした。

そんな生活を続けていた、高校2年生の夏休みにその不運はやってきました。

その年の夏は特に暑く、何もしなくても汗が滲み出てきます。

そんな中、炎天下で一日中走り続けていたので、さすがにバテテ昼も夜もご飯がまともに食べられませんでした。

朝は普通に食べていましたが、昼は素麺と水だけ。
夜は疲れ果ててご飯も食べないで寝てしまう日々が続きました。

そんな生活を夏休み中続けていたわけですから、体調が崩れないわけがありません。

夏休みが終わった頃、妙に目が悪くなった事に気づきました。
夏休み前は見えていた、教室の黒板の文字が見えなくなってしまっていたのです。

親に相談して目医者に行く事になりました。

そして、視力を測ってもらったところ、なんと、春の診断で両目 1.5 あった視力が、0.1 まで落ちていました。

医者に見てもらったところ、「あなた栄養失調ですね」と軽く言われてしまいました。。

家に帰り、親に栄養失調になって目が見えなくなったことを話したら、さすがに嘆いてました。

そして僕に言いました。
「あなた、友達や他の人に栄養失調だなんて言っちゃダメだよ!」

世間体を気にしたのでしょう。

確かにその通りだと思います。
このご時世に栄養失調になるなんて、育て方疑われてしまいますもんね。。

そんな訳で、栄養失調の為に貰い受けた目の悪さは、その後10年以上経っても元には戻りません。

そんな訳で、みなさん栄養はしっかり取りましょうね♪


Blog ランキング応援のクリックを願います!

お酒の最安値ショップ -楽酒-

カクテルバー OyaWorld






| oyaworld | スポーツ | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:18 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://oyaworld.jugem.jp/trackback/67
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

bolg index このページの先頭へ